変化する日常

まとまっても居ないのに少し喋らせていただきます

変化・・というか別れが嫌。

2年強一緒だったバイト先の子が8月31日辞めてしまった。
私にとって非常にデカい損害。
中学・高校卒業時にも当然別れが有った訳で(というか誰にでも有るはず)
卒業したての時は「悲しいなー」とか「寂しいなぁ」とか感じても時間が経つにつれ、また新しい楽しみに出会いに前者の様な事を感じなくなる。
今までに何人も仲の良いバイト仲間が辞めていった。だけど何時しか馴れていた

と、頭の中で理解しつつも、やっぱり別れには馴れない。別に逢えなくなる訳じゃぁ無いんですが。
その子がバイトを辞める理由は大学生活が忙しくなる&ショップ店員をやってみたいという前向きな辞職。
そこで思ったのが自分自身の事。今のバイトを高2の頃から4年続けてますが、もしかしたら「変化」を嫌っているのかも分かりません。今のバイトの居心地の良さ等など。ぬるま湯さに。
大学とバイト比べるならば本来大学を優先すべきですが5:5くらいに考えてしまっている。
[先]の事を考えなきゃいけない時期と年齢。優先すべきは学習すること。

前に進まなければ。
[PR]

by swedish2 | 2006-08-31 23:42 | REAL  

<< PERSONA3と義務教育現場 南アノマラド首脳会議 >>