孤高の奥様講座  *結婚*

はーいこんばんわぁ


中年のお客さん「おすすめのめんつゆって有る?」

私「めんつゆですと本つゆか」

お客「・・・・・・」←こっちを見ず別の商品見てる

私「多少高くなりますがにんべんのつゆ何かが売れてますね」

お客「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」←こっちを見ず別の商品見てる



むかっ腹が立ちました シャルディナです





元パートさんと「結婚」について話し合ってました。
まだ私自身「結婚」にイメージさえ沸いていないので何とも主観的意見が有りませんが。
既婚者で元パートの奥様(孤高の奥様)が買い物に来てたので休憩室で談合。
(ここで言う孤高とは他のパートさんとつるんで社員の愚痴等を言ったりせず自分の意見をはっきり貫き通すという「孤高」です。綺麗なのにFFとかやってて話も面白く好き。)


私「人間の愛って2年以上は続かないそうですね(限度)」

私「その先は・・」

奥様「その先は・・・妥協・・・

奥様「・・・同情。

私「・・・・ははっ」

奥様「あははっ」



とか言いつつ奥様は今も結婚生活継続中です。奥様曰く、
「男性」というより「家族」なんだそうです。それを悟るには私にはまだ早い。


それと「結婚を決めた理由」
奥様は「さぁ・・?なんでだろうね」と答えていたので、奥様から聞いた友人(女性)の話。

ドライブデート中の車内での出来事。軽く速度を出していて右折に差し掛かった時に男性が
そっと体を支えてくれた時「あぁこの人となら守ってくれそうだなぁ」と感じたそうです。
速度を出した時の右折ないし右カーブは助手席の人にとって結構な遠心力が掛かるので。

何がきっかけになるか分かりません。さりげない優しさとかちょっとした仕草など。

結婚かぁ・・
[PR]

by swedish2 | 2006-09-10 01:36 | REAL  

<< 大体の物は失って初めて大切さに気づく 解決・・しかし迷宮入り ~mo... >>