北上するよ! R4 ~2日目~


天然温泉を出る。AM9時

朝にもお風呂に入り体ぽっかぽかで負けなしと外に出るも
車の前で準備運動をし車に乗り込む第一声が「寒ぃ」

宮城を出発して看板を見る。


盛岡249km


ここまでに、那須だ仙台だ3桁超えの看板を幾多も見てきたので
負けなしと車を走らせるも看板を見かけた時の第一声が「遠い」

朝御飯を食べておらず12時を向かえ、しかし目標が有った

「盛岡でそば食べたい」

249kmにもめげずひたすら車を、アクセルを踏み込む
途中、ガソリンスタンドに寄る リッター142円
道中の雪が大分増え、道端の雪が溶け路面を凍結させている感が否応無しに感じられ、不安からガソリンスタンドの従業員さんに声を掛ける


R4を北上中なんですが、この先ノーマルタイヤでも大丈夫ですかねぇ?

スタッドレス?チェーン?浅はか過ぎた思惑。

「R4なら平気だよ!車通りが激しいからノーマルタイヤでも大丈夫」

「春日部ナンバーって聞いた事ないけど何処?」

埼玉です

「さっ・・」

青森を目指してます

「ぁおっ・・」

「すげぇなぁ頑張ってね!」



温かい缶コーヒーを頂き、感謝をし再度出発。
コーヒーが温かいというより人心が温かい


PM3時 盛岡市内に到着

そば屋を求めてR4を突き進む。
途中「←盛岡駅 3km」の看板を見つけ寄り道
盛岡というだけあってそれなりな駅前だが車が入り込むスペースがなく
更にお蕎麦屋さんが入り込むスペースもないという悲劇
というか飲食店がない。アホか

単なる観光寄り道となりR4に戻る。
突き進めばR4沿いに蕎麦屋の一件くらいマックマックマック

アホか

どんだけマックを俺に食わせたいんだ、と。
珍来とかそのソバじゃねぇよ、と

トイレ休憩に寄った道の駅(高速のSAっぽい所)、という場所に
「岩手名産 十割そば」なるお店があり喜んで入る
正直専門店でもない立ち食い蕎麦屋にも似たお店と侮っていたが
非常に美味しく、ご当地のものを初めて口にした時でもあった

ここの店員さんに話しかけられる。


「辛いのは結構スキ?」

えぇ、そこそこに

「そこの、~~~~~ってのを入れると美味しいよ」
(どーしても、その辛かった物の名前が思い出せない)

へぇ、少し入れてみます。~~~~ってなんですか?

「えっと・・・・・・・・なんだっけなぁ」

・・・・・。

「あぁ少しの方が良いよっ」

(いや、なんなんだ?)

c0075028_1304965.jpg


美味しかったから良しとする。
ご馳走様っと大きな声で伝え出発。


青森まで229km モウ馴レタヨ
この道の駅に入った時点で、既に大分山道になっていて
青森まではほぼずっと山に囲まれたような道を突き進む。

c0075028_1312268.jpg


ひたすらひたすらコンビニもなく何故かファッションセンターしまむらが有り、素通りし――


PM7:35 青 森 到 着


                   ~続く~
[PR]

by swedish2 | 2008-02-25 01:31 | REAL  

<< ( ´゚д゚`)えーーー 国道4号線をひたすら北上する旅... >>